紙袋日誌.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞台坂の向こうへ

あの坂に行けば、希望は見つかる。

店長が転調した。

去年の冬だっただろうか。僕はお金に困っていて早急にアルバイトをしなければいけなくなった。友達に「店長が可愛いからおすすめ!」って言われたからこのコンビニを選んだのだが正直不安だった。でも今は、、、。

 

「ほら!もっと笑って!笑顔で接客しなきゃだめよ!」

 

「(にこっ)」

 

「はいよくできました!」

 

相変わらず店長は元気いっぱいだ。この店は店長がいなければ成り立たないだろうことは新米の僕でもわかった。しかもすごく厳しい、最初は本当に嫌だった。

 

「ねぇ!ここ手伝って!」

 

「あ、はい!」

 

今日も忙しい。っていうかこのコンビニは不思議なほどお客さんが来る。まるでアイドルの握手会のように。

 

(あれ?クレジットカードってどう対応すればいいんだっけ、、、店長、、、そういえば店長の名前ってわからないかも、、あとで聞こっと)

 

 

今日のバイトもあと少しで終了。お客さんも全然来なくなっていたから僕は店長に聞いてみた。

 

「店長!店長の名前教えてもらってもいいですか?」

 

「ん?私?私の名前は生田、、名前は秘密!笑」

 

「あ、生田なんですね!今度から生田店長って呼びます!」

 

「なんだか照れるなぁ~笑」

 

この時の店長はこの上なく可愛かった。いや、正確に言えばいつも可愛い。暇あればいつも歌っているが、その歌声は天下一品だし、若いのに店長をしているのだから尊敬する。ただ、コンビニの揚げ物のときは酷かった。パン粉も何もついてないのに油の中に入れてたっけ。まぁあのときは僕が食べたんだけど、、、。

 

生田店長と初めて会ったとき、可愛いなって思った。でもバイト中はとても厳しいし、なかなか話しかけることもできないので、ただの「店長」って感じだった。時が流れるにつれ、僕は生田店長のことが気になっていったんだけど、このことは店長には内緒にしておいてね!でもそんな店長でも、、、

 

「いらっしゃいませ、、、」

 

真冬のある日のこと、なんだか店長の様子がおかしかった。悲しいことでもあったのだろうか。訳を聞こうとしたがそんなことをするのも申し訳ない。僕は普段通りアルバイトに励んだ。生田店長の声が響かないこの店はセミの抜け殻のようだった。しかも店長は早くあがるらしかったので、いつも以上に頑張らないといけなかった。

 

「ふ~今日も疲れた~」

 

アルバイトを終え、いつものように独り言をぶつぶつと言いながら家に向かっていた。

 

「ぐすん、、」

 

(ん?誰か泣いてる?もしかして幽霊、、、)

 

公園のほうから泣き声がした。恐る恐る近づいてみるとそこにはいつもと違う、「生田店長」の姿がそこにあった。

 

「だ、大丈夫ですか?」

 

僕はとっさに言葉を放っていた。

 

「あ、、、変なとこ見られちゃった、、、」

 

「生田店長らしくないですよ!元気だしてください!」

 

「だって、、、だって、、」

 

(なんだ。何が生田店長を泣かせているんだ。また揚げものミスったことを気にしてるのか?それとも僕を女の泣き声で呼び寄せて金でも奪い取ろうとしているのだろうか。)

 

僕の頭のなかはパニック状態だった。

 

「別れたの、、、。」

 

(わ、わかれた?もしかしてパピコをまとめて食べる予定だったのに2つに分かれちゃって泣いてるのか?!それとも割りばしが2つに割れちゃってネタを披露できないことを悲しんでるのか!(いやなんでここに若月ぃぃっぃ!))

 

「彼氏にフられたの、、、」

 

(振られた?バットをふ、、、くそぉこんなこと考える自分が憎い。ってか彼氏!?生田店長彼氏いたんだ、、。いや当たり前か、、、。)

 

僕は女の子には慣れていない。いくら相手が店長だからといって何もしないのは男としていかがなものか。でも、どうすればいいのかわからない。なんて声をかけたらいいのかわからない。

 

「抱いてほしい、、」

 

「え?(い、いまなんて、、)」

 

「ねぇ、抱いて?」

 

(だ、だ、だ、だい、だい、抱いてほしい???僕に???)

 

「で、でも、、」

 

(がばっ)

 

「え、、生田店長?、、、」

 

僕は生田店長と抱き合っていた。僕からではない、生田店長が抱き合ってきた。

 

「ねぇ、付き合って、、?」

 

僕は震えていた。彼女なんていたことがないのに、こんなにかわいい人から告白されるなんて。しかも抱き合ってるなんて。僕のあそ(自主規制)

 

寒い寒い公園の中。僕たちはただ抱き合っていた。「はい」とは答えていない。でも僕の答えは通じたようだ。夜に光る涙。抱き合うことの喜び。長い夜はまだまだ続いたのであった、、、、。